お葬式までに喪主がする事

喪主は専門業者と式の内容や予算を決めてから、必要な手続きや連絡をしなければいけません。必要な手続きとして火葬許可証の発行があります。わりと忘れがちなものですが、通常は死亡診断書を受け取ってから役場に提出して発行してもらえます。この死亡診断書ですが、役場に提出する分だけを申請した場合は1通だけになりますが、故人が生命保険等に加入している場合にはそれぞれの生命保険会社またはその契約ごとに死亡診断書が必要です。そのため、故人の生命保険関係も調べておいて、必要な死亡診断書の数を調べておく必要があります。死亡届を提出すれば火葬許可証が発行されるので、火葬場の予約ができます。  

手続きが終了すれば今度は実際にお葬式の日程の打ち合わせを行います。通常は通夜と本葬や告別式の2日制で続けて行うことになるので、日程をしっかり決めておく必要があります。また、火葬場の予約や時間を考えて日時や日程を打ち合わせすることも忘れないようにしましょう。都合の良い日程でも友引は避けなければいけません。都合の良い日を調整して友引のことを忘れてしまうこともあるので、注意して日程の調整を行うことが大切です。日程の調整ができれば、お葬式の予算など具体的な内容の打ち合わせができます。これも喪主が行う大切な仕事です。  

お葬式を行う前の必要な手続き等を喪主が行ったら納棺を行います。故人を死装束に着替えさせて棺に入れます。ここまで行ってから、参列してもらう人にお葬式の日程を知らせることになります。親族でも近い場所に住んでいない親族にはこの時に連絡します。また、お葬式のスタイルによっては友人や知人の参列を断ることもあります。しかし、故人が亡くなったこととお葬式に関する日程は必ず知らせなければいけません。お葬式のプランに入っていることもありますが、精進落としや通夜振る舞いなどの料理の手配も忘れずに行なう必要があります。そして、住職の分を忘れないようにして、人数を正確に把握しておかなければいけません。