お葬式で喪主の仕事

人が亡くなった時にお見送りやお別れとしてお葬式を行いますが、その式で重要な役割を務めるのが喪主です。この役割は、だれでもなれるわけではなく、一般的には故人の近親者が務めるものです。その近親者の中でも故人の子供の長男が務めるのが一般的です。しかし、長男が幼少の場合には故人の配偶者または故人の両親が行うこともあります。遺族の代表者として式を取り仕切ることになり、非常に重要な役割を果たすものです。頻繁にこの役割を行うことは稀で、人によってはこの役割を一度も行わずに人生を終わる人もいます。重要な役割で、お葬式の重責を担うことになり、大きなプレッシャーと感じる人もいます。  

最近流行している終活では、お葬式に関しての希望も残すことが一般的です。その希望に関しても、喪主の指名を行うことで誰に務めてもらいたいか決めておくことができます。事前に話をされていれば、この役割を担う人が心構えなど前もって式の対応をすることが可能です。しかし、事前に対応することが可能な状況は珍しく、通常は臨終の時に初めてこの役割を担うのが自分自身だと気がつくものです。  

お葬式では、準備や段取り、手続きがいくつもあり予想以上にすることがあります。実際に喪主を務めるとこんなにやらなければいけないことがあるのかと驚かれます。それは、式の前だけでなく無事に式を行った後でも、やらなければいけないことが多く残っているので大変だと感じるのでしょう。専門業者に全部任せておけば、安心してお葬式を行えると思っている人の中には、悪質な専門業者もいるので注意したいものです。高額な費用を請求され適当に式を済ます業者も少なからずあります。そのため喪主は中心となって、しっかりと式の段取りや手続きを行わなければなりません。  

お葬式を行う上で必要なことを理解することも大切ですが、トラブルが生じたときにどのように対処すれば良いか心構えをしておくことも大事です。長男であれば、両親が臨終になる前から喪主を務めることはほぼ決定しています。高齢になったら、どのようなお葬式をしたいのかしっかりと考えておく必要があります。そして、両親のお葬式をすることになった際には、喪主がやるべきことは山積みなので、しっかりと整理して対応する必要があります。お葬式は、一般的に2日間行われるものですが、準備や準備後のことを考えると数日の間にたくさんの対応をしなければいけません。順番通りしっかりと対応していくことが、安心できるよいお葬式に繋がります。

NEW TOPICS

2018年08月09日
ホームページを更新しました。